データプロテクションメーカーの株式会社アール・アイ

株式会社アール・アイ

サポート

:FAQ(購入後)

購入後のよくある質問

Q02.Outlook2013・2016へのリストア方法

PC入れ替えに伴い、旧PCで使用していたOutlook2007・2010のデータを新PCのOutlook2013・2016に復旧させる手順の説明です。

1. Outlookのプロファイル作成

リストア前の事前準備として、一度Outlookを起動してプロファイルを作成します。
※画像はOutlook2013です

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法1

[はい]を選択します。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法2

新しいアカウントの追加画面が表示されますので「自分の電子メールやその他のサービスを使うための設定をする」を選択して[次へ]をクリックします。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法3

[POPまたはIMAP]を選択して[次へ]をクリックします。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法4

メールアカウントは過去のバージョンのバックアップデータからはインポートができないので、手動で設定します。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法5

設定が完了したらOutlookを終了します。

2. バックアップデータのリストア

Secure Back Clientを起動すると、初回起動であればログインダイアログが表示されますので、ID・パスワード・IPアドレスを入力してログインすると以下のダイアログが表示されますので、[終了]をクリックします。

※ Outlookのバージョンが異なるため、オートリストアは使用しません

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法6

Secure Back Clientアイコンを右クリックして「リストア」を選択します。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法7

Outlook項目を開き表示されたフォルダを選択し、[リストア]をクリックします。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法8

リストア先フォルダ(データを戻す場所)を選択する画面が表示されますので、十分な空き領域のある場所を選択し、[OK]をクリックします。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法9

※今回はローカルディスク(C)を選択します

3. メールデータの復元

Outlookの機能を使用してリストアしたデータをインポートします。

Outlookを起動し、「ファイル」→「開く/エクスポート」→「インポート/エクスポート」を選択します。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法10

ウィザードが起動しますので「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択して[次へ]をクリックします。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法11

「Outlookデータファイル(.pst)」を選択して、[次へ]をクリックします。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法12

[参照]をクリックしてリストアしたデータを選択したら、オプションをどれか1つ選択して[次へ]をクリックします。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法13

[完了]をクリックするとインポートが開始されます。

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法14

4. 署名の復元

リストアした署名フォルダ内のファイルを、下記フォルダにコピーします。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Signatures

Outlook2003、2007、2010からOutlook2013へのリストア方法15