データプロテクションメーカーの株式会社アール・アイ

株式会社アール・アイ

サポート

:FAQ(購入後)

購入後のよくある質問

Q01.バックアップについて

・ファイル単位のバックアップ
セキュアバックは、ファイルをバックアップする製品です。
バックアップ先ではバックアップ元のフォルダ構造をそのまま維持します。
OSやアプリケーションのバックアップは行いません。
 
・変化のあったファイルのみを転送
初回バックアップは全てのファイルを転送しますが、以降は変化のあったファイルのみが転送されます。
特定のメーラ(Outlook、Outlook Express、Thunderbird)は、差分ブロックを抽出して転送します。
 
・リアルタイムは5分後に初回バックアップ
リアルタイム方式の場合、既存ファイルのバックアップはSecure Back Client起動から5分後に開始されます。
 
・オートコンプリータとは
Secure Back Client起動から5分後に、リアルタイム方式のバックアップ元をスキャンする機能です。
万一バックアップエラーが発生したファイルも、本機能により再転送が行われますので取り漏れを防止する効果があります。
 
・バックアップ先フォルダ構造について
バックアップ先はユーザ毎にフォルダが作成されます。
Secure Back Managerのユーザ管理画面より各ユーザの保存先を確認することができます。

例: D:\RI\U\0001\DT\00
D:\RI\U バックアップ先フォルダ
0001 ユーザフォルダ
DT デスクトップのバックアップデータ
00 最新フォルダ

DT以外には、MD(マイドキュメント)、OE(Outlook Express)、OL(Outlook)、WM(Windowsメール)、 WL(Windows Live メール)、TB(Thunderbird)、BK(Becky!)、IE(Internet Explorer)、FF(Firefox)、 LD(任意のフォルダ)があります。
世代管理は、00が最新、01が世代1、02が世代2、・・・、99が世代99となります。