データプロテクションメーカーの株式会社アール・アイ

株式会社アール・アイ

 

:Case

  • 製品

    Secure Back

  • ソリューション

    BCP/DR対策

  • 用途

    データ移行
    バックアップ

Windows 7のサポート終了に伴うWindows 10へ移行が必須。移行業務を削減したい。

テレビ大阪株式会社

大阪市中央区大手前1丁目2-18

http://www.tv-osaka.co.jp/

京阪神地区を対象としたテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者であり、ニュースやドキュメンタリー制作に力を入れている。

Point
・クライアントPC入れ替えに伴うデータ移行の工数削減
・メールデータのバックアップ及び移行の実現
・日常的なクライアントバックアップ

:Before

導入以前の状況

株式会社テレビ大阪システム
業務本部 システム事業部 主任
田中 達也

Secure Back 4導入前の社内のPC保守状況と、以前の移行作業について教えてください。

テレビ大阪システムでは、テレビ大阪グループ全体のPC管理と、ヘルプデスク業務やハードウェアの故障診断・修理などのシステムサポート業務を2名体制で行っています。
Windows 7のサポート終了にまでクライアントPCの移行を完了させる必要があり、効率的に移行できる方法を探していました。
7年前の2012年、Windows XPからWindows 7への移行作業も我々が担当しましたが、PCのデータ量が多く交換に時間がかかり、1日の作業で移行作業が実施できる台数は限られるような状況でした。
また、業務への影響を考慮し、利用者が休みの間に移行作業を実施しましたが、更新されたPCに戸惑い、利用者からの問合せが大量に発生しました。
その問合せへの対応に掛かったコスト(=時間)は想定を大きく上回るものでした。

Windows 10への移行作業を進めるにあたってどのような要件だったのでしょうか?

こういった過去の経験から、ヘルプデスク業務への影響を最小限に抑え、PCの交換作業負担を軽減するためのバックアップとリストアを行うシステムの導入が理想と考えました。
また、人事異動に伴うPC変更では、現利用者が最終業務日に遅くまで残業でPCを使用しても、次の利用者が翌朝には利用開始できる必要がありました。

:After

導入を決めた理由

テレビ大阪株式会社
経営企画局 メディア戦略部
IT推進室
山崎 博史

様々な選択肢の中からSecure Back 4を選定されたのは、どこがポイントだったのでしょうか?

「Secure Back 4」を選定した主な理由は以下のとおりです。
・ エージェントが常駐型
・ サイレントインストールが行えた
・ 設定も直感的に行えて非常に簡単だった
・ トライアルでの動作検証がスムーズに行えた
とくにトライアルの動き出しが早かった点に注目しました。正直に申しますと、早すぎて逆に心配した程でした。
また、過去にはPCのハードディスクが故障してデータを喪失した事がありました。
支社で利用しているPCで、サルベージの見積もりをしたところ費用も高額になる事から、喪失データの重要性と復旧費用の見合いから、サルベージを断念した事がありました。
このようなケースにおいても「Secure Back 4」であれば、クライアントPCをバックアップするので、PCのデータ喪失を防げる点も選定のポイントになりました。

利用した感想や製品に今後期待する事について教えてください。

利用者自信が簡単にリストアできる点が重要で、社内標準のキッテイング済みのWindows 10のPCを渡して、利用者でも簡単なリストア操作で移行できるのが理想でした。
実際に利用しところ、使用感は非常にスムーズで、利用者の殆どはバックアップを取得している事に気が付いていないと思います。
PCのシャットダウン時にOutlookのバックアップが完了していない警告が表示され、システム部門へ問合せて初めて気が付くというケースが数件ありました。
データ量が多く、一晩かかってもサーバーへのバックアップが完了しないケースがありました。
せっかくユーザー毎のバックアップ容量や帯域制御できるので、自動で調整できると良いのではないかと感じました。
PCの移行後はクライアントPCのバックアップとして利用しているので、今後はPCが故障しても安心できます。

 

販売店様からのコメント

今回、Secure Back 4を導入頂いたことにより、PC移行作業の効率化、障害対応時のバックアップでお役に立てたことは大変嬉しく思っております。
今後もこのようなお困り事を解決できるよう、引き続きソリューション提案を実施していきたいです。
リコージャパン株式会社 販売事業本部 関西MA事業部
LA営業部 LA2グループ 喜多 康晶 氏

 
 

この事例をPDFでご用意しています。

  テレビ大阪様 導入事例

シェア