データプロテクションメーカーの株式会社アール・アイ

株式会社アール・アイ

:Case

  • 製品

    Secure Back

  • ソリューション

    BCP/DR 対策

  • 用途

    バックアップ

わかりやすさという点でSecure Backの右に出る製品はありませんでした。

株式会社オリエンタル

愛知県稲沢市大矢町高松1-1

http://www.oriental-curry.co.jp

株式会社オリエンタルは、1945年に設立され、元祖インスタントカレー「即席カレー」の製造・販売をはじめ、これにより家庭でもカレーが手軽に美味しく作れるようになり、日本人の食生活を変えました。現在まで変わらず「家庭の味にこだわり続ける」企業です。

:Before

導入以前の状況

Secure Back導入前のバックアップ環境について教えてください。

従来クライアントPCのバックアップについては特に対策を取っていませんでした。「いつかやらなくてはならない」と思いつつ、先延ばし先延ばしにしてしまっていたのが、この「クライアントPCのバックアップ」だったのですが、Windows XPのPCを入れ替えするにあたり、ノートPCなどの導入台数を増やしました。
今までノートPCを持たなかった従業員にも1台持たせることになり、PCの紛失、破損、HDDの故障などの不測の事態に直面してもいち早く復旧が出来る体制を整えるのが急務と考え、製品の検討を進めてきました。

:After

導入を決めた理由

管理部門
則竹 一宏 氏

Secure Backに決定されたのはどのような理由からでしょうか?

元々イメージバックアップではなく、負担の少ないファイルバックアップの製品が良いなと思い、他のファイルバックアップの製品を調べたのですが、まず数が少ない。何本かは試しに使ってみたりもしましたが、設定がわかりにくかったり、バックアップは出来ても、データをどう戻すかが分かりにくかったり。
わかりやすさという点でSecure Backの右に出る製品はありませんでした。
また、一括で複数台のPCを管理できるのも、Secure Back 決定の大きなポイントでした。

実際にお使いになってみて、いかがでしょうか?

バックアップについて何かしなくてはいけない、という事が無いので、ユーザは全く意識せずバックアップが自然と溜まっていく…という感覚だと思います。
管理者としては、わざわざそれぞれのPCを覗き込んで確認する、という事は出来ませんから、すべてのPCのバックアップ状況が1つの管理画面で見られるのが便利です。しかもブラウザベースで管理画面が見られるので、環境を選ばず、いつでも確認出来るのも良いと思いました。
PC29台、サーバ1台のバックアップを取っていますが、複数台のPCだけでなく、サーバも一括で管理できるのはすごいですよね。はじめはネットワークの負荷が気になる事もあったのですが、帯域の制限や、同時接続台数の制限を設定し、今では特に気にすることなく、運用が出来ていると思います。
PCは一部フォルダを除いて、リアルタイムのバックアップを使っています。リアルタイムバックアップなら、どんなタイミングでデータを失っても常に最新のデータを元に戻すことが出来る、という安心感がありますから。

シェア