アール・アイからのお知らせ TOPICS

2016年9月16日 新着情報

イベント・セミナー情報を更新しました。
詳細はこちら

2016年9月1日 新着情報

Secure Back 3 保守サポート終了まで残り2ヶ月となりました。
詳細はこちら

2016年8月1日

パートナー情報を更新しました。
詳細はこちら

2016年6月27日

シークレットフォルダーシリーズのアップデート情報を更新しました。
詳細はこちら

アール・アイについて

株式会社アール・アイは純国産の総合データプロテクションメーカーです。
データ一括保護やバックアップに関する特許技術を軸に、企業内のデータ保全や情報漏洩防止に貢献する製品を開発・提供しています。

主な製品として、集中管理型バックアップソフト「Secure Back」シリーズ、スタンドアロン型バックアップソフト「Air Back」シリーズ、データ保護ソフト「シークレットフォルダー」シリーズ、ファイル仮想化サービス「Shadow Desktop」、データベース同期ソフト「KeepSync」があります。

アール・アイは「ソフトウェアで新たな常識を創造する」を理念に、世の中に新たな価値観を提案し続け、新しい文化や常識をつくる企業です。

Secure Back
について

Secure Back (セキュアバック)は、クライアントPCやファイルサーバのバックアップを1画面で管理できる法人向けの集中管理型バックアップソフトです。

バックアップによるネットワーク負荷の制御やリアルタイムバックアップといった先進の機能を備え、WebベースのGUIで手間なく簡単にバックアップシステムを管理できます。

Secure Backには、PCやファイルサーバのバックアップや遠隔地保管・クラウドへのバックアップを可能にするライセンス製品のほか、ユーザー数を限定したPCバックアップ専用パッケージもラインアップしています。

Air Backについて

Air Back(エアバック)は、Secure Backで培った技術をベースに開発したスタンドアロン型のバックアップソフトです。Secure Backの基本機能はそのままにサーバ不要で構築できる手軽さが特長の製品です。PCやファイルサーバ1台のバックアップなど集中管理を必要としない場合に最適な製品です。

PC用の「Air Back for PC」、ファイルサーバ用の「Air Back for File Server」、PC用のAir Back for PCに10GBのクラウドストレージ使用権をプラスした「Air Back Plus」、Air Back Plusのサーバ向け製品「Air Back Plus for Server」、クラウドバックアップ専用の「Air Back クラウド」の5種類をラインアップしています。

シークレットフォルダーについて

シークレットフォルダーは、コンピュータ内に「見えないフォルダー」を作成し、マイナンバーをはじめとした企業の機密情報を守るデータ保護ソフトです。

「見えないフォルダー」は、「エクスプローラー」上で表示されず、検索しても見つからないため、標的型攻撃などで万一PCが悪意の第三者のコントロール下に入ってしまっても、攻撃者は機密情報の存在すら発見できません。

シークレットフォルダーには、PC内に隠し場所を作るスタンドアロンタイプのほか、企業内の複数人が使え、サーバー上に隠し場所を作る「シークレットフォルダーServer」シリーズもラインアップしています。

Shadow Desktopについて

Shadow Desktopは、パブリッククラウドなどのストレージサービスと連携し、コンピュータ内のファイルを仮想化する、新しいコンセプトのサービスです。

あたかもユーザーの手元にファイルがあるように見えますが、データの実体はクラウド上のストレージに存在しているので、導入前とPCの使い方が一切変わらず、既存環境のまま導入できるのが特徴です。

ユーザーの利便性を落とさず、社外に持ち出すPCの情報漏洩対策やセキュアなテレワーク環境を簡単に構築できるサービスとして、ワークスタイル変革の実現に貢献します。